AboutUs

シンメトリー・ジャパンとは

グロービス経営大学院の立ち上げプロジェクトチームをリーダーとして率いた木田知廣が代表を務めるのが、企業研修を提供するシンメトリー・ジャパンです。その想いは…

  「もっと日本人にマッチした人材育成手法があるはずだ!

MBAを初めとする欧米初のマネジメントノウハウは一世を風靡し、今や「常識」と言われるほどになりました。

しかし、一方で、ビジネスの基本が「人」であるのはどんなに環境下においても変わりません。いや、サブプライム以後の、混迷する経済の下では、強固な人のネットワークにより変化に即応する組織は、これまで以上に重要度を増してくるでしょう。

ところが、「失われた10年」を経て、大規模なリストラや株主視点の業務効率化にさらさられた組織体では、合理的な意思決定や論理的な思考が重視されるあまり、「人を動かし周りを巻き込む」というビジネス本来のダイナミズムが失われてしまっていると懸念します。

シンメトリー・ジャパンの研修は、「ビジネスの基本は人を巻き込むことにあり」という理念をベースに、最新の人材育成の方法論を駆使して、現場で「使える」スキルアップに貢献します。

たとえば、「研修で学んだことがそのまま実務の現場で使えるとは限らない」とは研修を企画する立場の人から良く聞かれることですが、シンメトリー・ジャパンの研修では、これまでの数々の経験によって検証された吸収(インプット)を仕事の成果(アウトプット)につなげるための4ステップのプロセスを採用しています。

すなわち、

  • まずは頭の中に記憶させて(定着:Embed)
  • 自分の言葉で整理して(構造化:Structure)
  • 少しでも良いから使ってみたうえで(試行:Trial)
  • だんだんとできる範囲を拡げたりレベルを高めたりする(深化:Expand)

の頭文字を取った、「ESTE(エステ)の4ステップ」です。

他にも、「振り返りと自己観照」、実務の問題をクラスルームに持ち込む「コンピテンシー・エクスチェンジ」、LSI (ラーニングスタイルインデックス)など、欧米発の最新の人材育成理論と日本人になじみ深い自己啓発の慣行をミックスした最適のソリューションをお届けします。

  「わかる」を「できる」に。

シンメトリー・ジャパンは、本当に役立つ人材育成に貢献します。

代表プロフィール

木田知廣

シンメトリー・ジャパン株式会社代表  マネー・カレッジ代表 グロービス・マネジメント・スクール講師

_t6q6823_revised_105_150

筑波大学卒業後、米国系人事コンサルティングファーム、ワトソンワイアットにてコンサルティングをおこない、成果主義人事制度の導入にて活躍する。
担当したクライアントは、数十名規模のベンチャーから数千人の外資系企業まで様々だが、根底にある、「人事は人を縛るルールではなく、人が自律的に動けるようにするツールである」、とのコンセプトは揺るぎないところであった。
1999年、人事制度という枠組みを超えた人材マネジメントの知見を求めて、EU統合のまっただ中にある欧州へと旅立つ。ところが、留学先のロンドンにおいて、異なる価値観を持つ人材マネジメントの難しさの洗礼を受ける。

これをきっかけに、異文化組織のマネジメントの泰斗、ロンドン・ビジネススクールの故スマントラ・ゴシャールに師事。卒業プロジェクトのケースライティングにおいて親しく指導を受けながら、多様な人材を率いるリーダーシップに関する考察を深める(2001年MBA取得)。なお、この卒業プロジェクトは後にゴシャールの絶筆となった「意志力革命 目的達成への行動プログラム」(ランダムハウス講談社刊)に採り入れられ、同書中で木田にも献辞が捧げられている。

帰国後は、社会人向けMBAスクールのグロービスにて「グロービス経営大学院」の立ち上げをゼロからリードし、苦闘の末に前身的なプログラム、GDBAを 2003年4月に成功裡に開校する。これにより、同社において毎年1回与えられる「プレジデント・アワード」(社長賞)を受賞する。なお、同校は、2006年4月に文部科学省の認可を受けて経営大学院となり、やがて国内MBA学生満足度ランキングでナンバーワンの座に輝いたのはご存じの通り。

2006年、経営学の分野で有効性が実証された教育手法を使い、「情報の非対称性」を解消することをミッションとして「シンメトリー・ジャパン株式会社」を立ち上げる。

ビジネス教育における得意分野はカリキュラムのグランドデザインからプログラムの設計、教材の開発まで多岐にわたるが、講師としても受講者から圧倒的な支持を受け、「見かけや経歴はクールですけれど、話してみると熱い人でした」等のコメントが多く聞かれる。

ライフモットーは、”Stay Hungry, Stay Foolish”

会社概要

社名:シンメトリー・ジャパン株式会社
   Symmetry Japan Inc.
   (「チーフ・ラーニング・オフィサー」、「ビジネス・コミュニケーション・カレッジ」、
    「マネー・カレッジ」は、シンメトリー・ジャパンの一部門です)

住所:〒105-0003 東京都港区西新橋1-5-5 本田ビル2F
Tel: 03-6686-1808  Fax: 03-6699-8089

役員:代表取締役 木田知廣
   藤沢久美
   米田佳孝
設立:2006年7月


業務内容

お問い合せ

お問い合せページのウェブフォームからご送信下さい。

TrackBack URI : http://ofsji.org/clo/%e3%81%93%e3%81%ae%e3%82%b5%e3%82%a4%e3%83%88%e3%81%ab%e3%81%a4%e3%81%84%e3%81%a6/trackback