「人を巻き込む」リーダー論理思考

「これからのリーダーには、人を巻き込む力が必要だ…」

ひところの論理思考ブームが去った今、こんな言葉が人材育成の現場でささやかれています。

もちろん論理<ロジック>は大切ですが、それだけではダメ。

不確実な時代にビジネスを引っぱっていくリーダーには、「論理で納得、心理で説得」させることが求められているのでしょう。

と言って、今さら「飲みニュケーション」では部下を引っぱっていくことはできません。

この講座では、論理思考をベースとしつつ、相手の気持ちを動かす心理コミュニケーションを学び、再現性のある「人を巻き込む力」の獲得を目指します。

※相手の気持ちを動かす心理コミュニケーションのテクニックを1日一つ紹介するメールマガジンをこちらから登録できます。

※※下記の講座も合わせて参照下さい。
もっとコミュニケーションに絞った人材育成を行いたい
チームワークを高めるため参加型のカリキュラムを実施したい

シンメトリー・ジャパンお問い合わせ

対象

  • ビジネス上の問題に論理的な解を考えるだけでなく、周りの人を巻き込みながら、その解決策を実行していきたい人

内容

  • 一見すると論理思考のエクササイズに似ているが、「今のチームの状況は?」、「より良い成果を出すためには、チームメンバーに対してどんな働きかけができたのか?」などの問いかけにより、周りを動かすノウハウを理解させる

形態

  • 5-6人を1チームとし、全5-8チーム(25から50人)によるグループにより行う
  • 7時間を標準とする

受講後の姿

  • リーダーには、論理思考とともに人を巻き込む力が必要と理解している
  • 人を巻き込む力は先天的なものではなく、後天的に修得可能なスキルであると認識している
  • 人を巻き込むためのノウハウを理解し、明日から実践する準備ができている

シンメトリー・ジャパンお問い合わせ

標準的な時間割

9:00 イントロダクション

活動の概要

  • アイスブレーク
  • 自己紹介 (5-6人のグループで)

学習ポイント

  • 体を動かすことにより頭と気持ちをほぐし、これから一緒に学んでいく「チーム」としての第一歩を踏み出す
  • 当講座のように参加者個人個人の心に変化を起こすためには、極めて重要なプロセスである

9:20 論理思考の基礎

活動の概要

  • 論理の枠組みとは、演繹法と帰納法、等
  • 「ピラミッド・ストラクチャ」と呼ばれるコミュニケーションツールの使い方を理解

学習ポイント

  • まずは、論理思考トレーニングであるとの前提(見せかけ)でセッションを始める

10:30 ディベートセッション

活動の概要

  • ある題材を与え、yesかnoかによってディベートを行う
  • 論題例:「東京都は15歳以下の子供のテレビゲームを禁止すべきである」

学習ポイント

  • できれば、議論がヒートアップする身近な(職場でよく対立の原因となる)論題の方が良い

13:00 振り返り

活動の概要

  • ディベートセッションの勝ち負けはともかくとして、今チームの状況がどうなっているか確認する。議論に加われず、意見を十分に表明できない人はいないか?もしも、その人の意見を引き出せていたら、より良い論の確立ができたのではないか?何があれば、チーム内の議論で全員が忌憚なく意見を言えたのか?

学習ポイント

  • 長期にわたって成果を挙げ続ける組織のためには(そう、実際の会社のように)、M行動も同様に必要である

14:00 「クレド」づくり

活動の概要

  • チームの行動規範である、「クレド」を作成する。すなわち、リーダーとしてチームの成果を最大限にするために必要な行動を自らに、そして他者にも意識させるための言葉である

学習ポイント

  • 実際の職場に帰ったときにも再現性があるクレド作りのコツを頭の中にたたき込む

16:00 「人を巻き込む」方法論

活動の概要

  • 人を巻き込むための方法論をレクチャー形式で解説
  • 要所要所で、「実際に似た経験をしたことがある人は?」と参加者に問いかける

学習ポイント

  • 人を巻き込むためのノウハウを理解する
  • 実際の事例を知ることにより、そのノウハウを活用するコツもあわせて吸収する

シンメトリー・ジャパンお問い合わせ

TrackBack URI : http://ofsji.org/clo/%e3%82%b5%e3%83%bc%e3%83%93%e3%82%b9%e3%81%ae%e3%81%94%e7%b4%b9%e4%bb%8b/%e3%80%8c%e4%ba%ba%e3%82%92%e5%b7%bb%e3%81%8d%e8%be%bc%e3%82%80%e3%80%8d%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%80%e3%83%bc%e8%ab%96%e7%90%86%e6%80%9d%e8%80%83/trackback