社内トレーナー養成

社内インストラクターは、「講師のABCDE」の中でもとくに「D: デリバリー(実際に研修を提供すること)」が重要になってきます。

と言うのも、社内インストラクターを登用したい背景には、「同じ内容を社内で一気に広めたい」というニーズがあるため。すなわち、「C: コンテンツ」は人材育成部門などが集中的に開発し、その提供を担うのが社内インストラクターになります。

前ページ
家元制度のインストラクター教育を読む
次ページ
ファシリテーター養成を読む
 
  研修の内製化サポート