Stay hungry, stay foolish-その3

Filed under: コラム — sji_jimukyoku @ 2009.09.28

さらにジョブズ氏のネタで。

スタンフォード大学でのスピーチが音声で聴けるようになっていた。

http://www.wiredatom.com/jobs_stanford_speech/index.html

学内ラジオなのだろうか?冒頭に2分ほどアナウンサーのコメントが入った後でジョブズ氏のスピーチが始まる。聴衆の声も入った臨場感が高いもので、スピーチを読むのとはまた別の気持ちになる。

これまでのコメントとは別の切り口になるが、将来英語でスピーチをする際には、ぜひお手本にさせてもらいたい、と思った。

間の取り方
論旨の明快さ
心に残るキーワード
ジョークでスタートして聴衆の心をつかむ

など、見習いたい点がたくさんある。

ちなみに、間の取り方が上手いのはスピーチが上手な人の特徴だろう。イギリスの政治家でスピーチが上手かった人の箴言として、

“Most vital thing in speech, if you can do it, is to pause.”

というものがあったような気がする。

ちなみに、イギリスの政治かつながりで言うと、チャーチルも箴言の名手だった。たとえば、

“A pessimist sees the difficulty in every opportunity:
an optimist sees the opportunity in every difficulty.”

や、

「賢人は歴史に学び、愚者は経験から学ぶ」 (原文知らず)

などは、ジョブズ氏の”Stay hungry, stay foolish”なみにクールだ。
ちなみのちなみに、スピーチの練習という意味では、映画、「インディペンデンス・デイ」のスピーチも参考になる(若干アメリカ的すぎるが)。

——————
Good morning. In less than an hour, aircrafts from here will join others from around the world. And you will be launching the largest aerial battle in the history of mankind. Mankind, the word should have new meaning for all of us today. We can’t be consumed by our petty differences any more. We will be united in our common interest. Perhaps it’s fate that today is the forth of July. And you will once again be fighting for our freedom. Not from tyranny, persecution or oppression. But from annihilation. We are fighting for our right to live, to exist. And should we win the day, the forth of July will no longer be known as an American holiday. But this is the day when we declared in one voice that we will not go quietly into the night. We will not vanish without a fight. We are going to live on. We are going to survive. Today, we celebrate our Independence Day.

No related posts.


↑TOPへ

コメントはまだありません »

この投稿へのコメントの RSS フィード。

コメントする

*