カリスマが墜ちる時-ディレイリング

Filed under: コラム — sji_jimukyoku @ 2005.03.01

あるブログでも感想が述べられていたが、西武の堤氏、ソニーの出井氏といわゆる「大物経営者」の交代が続いていることには驚きを覚える方も多いのではないだろうか(この両者を並べることには無理があるが)。そういえば、先日もHPのフィオリーナ氏が解任されたばかりだ。

リーダーシップ開発の世界では、このような事象を「ディレイリング」と呼んでいる。”derailing”つまり、脱線だ。それまで成功のレールに載っていた経営者が突然脱線して失墜してしまうことからこう呼ばれたのだろう。

原因として様々な者が指摘されており、本人の性格もさることながら、「リーダーシップを形成する強みのうち一つににこだわりすぎた」ことが大きな原因ではないかとの仮説が立てられている。

詳しくは、ハイ・フライヤー―次世代リーダーの育成法を読んでいただきたい。著者は、アメリカのリーダーシップ開発期間として高い評価を受けているCCL (Center for Creative Leadership)の中心となっていた人物。ディレイリングだけでなく、様々なリーダーシップ開発の提言がなされている。

No related posts.


↑TOPへ

コメントはまだありません »

この投稿へのコメントの RSS フィード。

コメントする

*