「白熱教室」で分かった哲学の面白さを日本でも-萱野稔人さんを迎えて勉強会

Filed under: ビジネス・コミュニケーション勉強会,新着情報 — sji_jimukyoku @ 2011.05.27
NHKの番組、「ハーバード白熱教室」を見て驚きました。

小難しくて実生活には役に立たないと思っていた「哲学」を、身近な話題に引き戻して考えさせてくれるサンデル教授の手腕には脱帽です。「考える楽しさ」を教えてもらいましたし、なにより、今のような社会・経済が激動する時代にこそ、哲学的な視点を持つことの大事さが、ちょっとだけ分かった気がしました。

この再現、ではありませんが、今の状況を哲学的な視点から見直したい、というのが今回の勉強会のテーマです。

ゲストとしてご登場いただくのは、萱野稔人津田塾大学准教授。ご著書、 「超マクロ展望 世界経済の真実」(水野 和夫さんとの共著)でも書かれている、哲学者ならではの視点から、今の政治・経済の読み方を徹底的にお話いただきます。

なお、今回は特別に萱野先生のご著書を参加者の中から抽選で1名にプレゼントさせていただきます。お楽しみに!

ゲストスピーカー

萱野稔人さん

津田塾大学准教授。専門は社会思想。早稲田大学卒業後、様々な経緯を経てフランスに留学。1998年パリ第10大学でDEA(哲学)の学位を取得。その後も、パリで学び続け、哲学博士号取得(写真左。右は共著者の水野和夫さん)

萱野先生のご著書

   

注目のポイント by シンメトリー・ジャパン代表木田知廣

萱野先生のご著書は、どれも刺激的。中でも、「暴力はいけないことだと誰もがいうけれど (14歳の世渡り術)」には、「なるほど、哲学ってこういうことだったのか!」と目を開かされた思いです。

同書でも書かれている「国家と個人」という視点を「縦軸」とするならば、これに加え「欧米と日本」という横軸、そして時間軸を重ね合わせて、まるで三次元で「現在<いま>」を切り取る手法は、まったく新しいものの見方を教えてくれるはず。

金融に興味がある方はもちろん、現在の混沌とした社会に不満や不安を持っている人は、下記のフォームに必要事項を記入してご参加下さい。


開催要領

日時:11/06/17 (金) 19:30 – 21:00
講師:萱野稔人津田塾大学准教授
料金:4,800円(通常価格)
※マネー・カレッジ、ビジコミ・カレッジ受講者は優待価格が適用されますので、申込フォームのアンケート欄に受講日(だいたいでけっこうです)をご記入下さい。確認のうえ事務局から優待価格のメールを差し上げます。

会場:京橋区民館4号室
住所:104-0031 東京都中央区京橋2-6-7
交通:東京駅徒歩5分、銀座線京橋駅6番出口 徒歩2分、浅草線宝町駅A5・A6番出口 徒歩2分

より大きな地図で 京橋区民館 を表示

前ページ
来るべき『大相続時代』に備える勉強会を見る
次のページ
コアを読み解くNLP勉強会 を見る
勉強会のページに戻る

No related posts.


↑TOPへ

コメントはまだありません »

この投稿へのコメントの RSS フィード。

コメントする

*