事例:ソニーがグローバルリーダーシップ研修をUCLAと共同で開発

Filed under: インターン — sji_jimukyoku @ 2009.12.05

2009年10月19日付の日経新聞によると、ソニーがUCLAと共同で、「アドバンスト・グローバル・リーダーシップ・プログラム」を開発したとのことです。

11月から運用が開始されると報道されている同プログラムは、半年間の研修期間でライバル企業や自社の分析などからなるとのこと。

これまで同業他社(アップルやamazonなど)の分析にはあまり力を入れてこなかったソニーですが、今後はそうも行かなくなったとの分析が示されています。

ソニーは、2000年に設立されたコーポレート・ユニバーシティの先端的プログラム「ソニー・ユニバーシティ」で知られていますが、これだけでは十分ではない、との判断でしょうか。

対象:中堅幹部

目的:「構造転換の牽引役となる人材の育成」
知識:競合企業理解
スキル:企業分析スキル
マインド:

フォーマット:座学、自社課題抽出・解決策の策定

期間:6ヶ月

HRMシステムとの整合性:ソニー・ユニバーシティとは別のプログラム

No related posts.


↑TOPへ

コメントはまだありません »

この投稿へのコメントの RSS フィード。

コメントする

*