みずほ銀行のペア制度

Filed under: インターン,新着情報 — TOK @ 2010.06.01

2010年5月31日にの日経新聞によると、みずほ銀行でマンツーマン型の新人教育制度を導入したそうです。

「ペア制度」と呼ばれるしくみでは、入社5年目前後の先輩行員が新入社員の後輩をマンツーマンで指導するとのこと。

従来からあるOJTの一環ですが、特徴となるのは、銀行印の営業で基本となる75項目を決めて、それを教えるスケジュールを綿密に立てていることでしょう。

すなわち、理論に裏打ちされたOJTにより成果を挙げる行動の獲得を目指すことに主眼があると想像します。一方で、この75項目は報道で見る限り知識主体のようで(金利、担保、与信、格付け、etc.)、コンピテンシー的な行動特性まで踏み込むと、さらなる成果アップが期待できるのではないでしょうか。

【みずほ銀行 ペア制度】

対象:新入行員 (全国254店舗)

目的:成果を挙げる知識の獲得

フォーマット:入社5年前後の先輩行員によるマンツーマン指導。75の営業基本項目

期間:最長1年

HRMシステムとの整合性:先輩行員の「教えることで、自分の力もつく」、「体系化した指導が全体の底上げにつながる」

コメント:成果につながる行動をいかに精緻化するかがポイントか

——————
関連する研修を見る
——————
●人を動かす系科目

関連する研修を見る

No related posts.


↑TOPへ

コメントはまだありません »

この投稿へのコメントの RSS フィード。

コメントする

*