ブランクのリーダーシップ9つの自然法則

Filed under: ,人材育成用語集 — ktai @ 2010.12.23
  1. リーダーには喜んで従う味方がいる
    「どのようにリードすればよいのか」、「リーダーになるためには何をしなければならないのか」ではなく、「どうすれば人は自分についてきてくれるのか」、「人は何を必要としているのか」、「どうすれば味方に出来るのか」
  2. リーダーシップは相互作用の場である
  3. リーダーシップは出来事(イベント)の中で生じる
  4. リーダーは権限を越える影響力を活用する
  5. リーダーは会社で定められた手順の枠に収まらない
  6. リーダーシップには必ず、リスクと不確実性が伴う
  7. リーダーが率先していく方向に誰もがついていくわけではない
  8. 自覚(情報処理能力があること)がリーダーシップを生む
  9. リーダーシップは自分を探すプロセスである
    リーダーとその部下は自分たち自身の主観的で内面的な枠組みによって情報を処理している

ピラミッド・ストラクチャ(構造)

Filed under: ,人材育成用語集,新着情報 — ktai @ 2010.03.24

自分の言いたいことを論理的にまとめるためのツール。

一つの主張(メッセージ)が複数の根拠によって支えられている様子が、あたかもピラミッドのように見えることからこう呼ばれる。

ちなみに、パワーポイントやポストイットでピラミッド・ストラクチャを作成するのは初心者。慣れた人はワードでピラミッド・ストラクチャを作成する

関連する研修を見る

ブルームのタスクの3領域

Filed under: — sji_jimukyoku @ 2009.12.20

インストラクショナルデザインの概念で、細分化された学習目標(タスク)を3つの領域に分けて記述してある。Bloomによって提唱された。

●認知領域:あたま (cognitive)

●運動領域:からだ (psycho-motor)

●情意領域:こころ (emotional)

プレマックの法則

Filed under: — sji_jimukyoku @ 2009.12.20

自分が好んでする行動は、そのものが報酬(好子)になる

つまり、一見すると報酬に見えないことが報酬になり得て、外部からの報酬は不必要かもしれない

ボローニャ宣言による「欧州高等教育圏」

Filed under: ,コラム,人材育成用語集 — sji_jimukyoku @ 2009.10.01

今欧州の経営者教育市場が面白い。

1999年に欧州29カ国の教育大臣によって署名された「ボローニャ宣言」により、汎ヨーロッパ的な教育制度を作り出そうとの気運が高まっている。

一方、ビジネススクールサイドも動きが活発である。

「ボローニャ宣言」による理念をどのようなかたちで実現させるかをまとめた大部のレポートが出版され、様々な角度からの議論がなされている。この欧州の大統合を各ビジネススクールがチャンス(もしくはピンチ)と感じている様が手に取るようである。

シンメトリー・ジャパンのリーダー人材ピラミッドモデル

Filed under: ,人材育成用語集,新着情報 — sji_jimukyoku @ 2009.08.28

「リーダー育成」と一口に言っても、人材の「どこ」を開発するのか様々です。

シンメトリー・ジャパンの人材ピラミッドモデルは、リーダー人材を5階層に分解して、育成の糸口としています。
framework1